加齢臭を対策する方法【ニオイ解消で自信を取り戻す】

40代以降に現れる臭い

考える男性

古本や蝋の臭い

加齢臭は、脂肪酸や過酸化脂質の分泌が増量することが原因で起きる現象なのです。40代を超えると男女ともにホルモンの分泌量が低下して、過酸化脂質が発生しやすくなるでしょう。脂肪酸も年齢を重ねるごとに分泌量が増加するのです。これらが皮膚に存在する菌などによって酸化することで、ノネナールという加齢臭の元が生まれるのです。加齢臭の臭いは、古本や蝋のような臭いと例えられることが多いでしょう。予防策には、防臭できる下着の着用がおすすめです。ミョウバンは、臭いの中和や制汗に効果があるといえるでしょう。市販のミョウバンを水で薄めて体や服に吹きかけることで、制汗剤として使用することができるのです。肌が弱い人の場合は、水を多めにして作るといいでしょう。

食事や運動で予防

加齢臭の臭いを強くしてしまう原因には、いくつかの事が考えられるのです。タバコ臭、二日酔いの臭い、口臭、頭臭、体臭などと混ざることでより一層強い臭いが発生してしまうでしょう。日頃から清潔感を保つように心がけることが大切です。加齢臭を予防するには、肉類などの脂っこい食事を控えて野菜を多めに摂るようにするといいでしょう。赤ワインに含まれているポリフェノールは、加齢臭予防に効果があると言われているのです。運動は、臭いの原因を作る活性酸素を打ち消す効果があるのです。ウォーキングやロードバイクでの長距離ツーリングなどの有酸素運動がおすすめです。ストレスは過酸化脂質を増加させる原因になるのです。リフレッシュする時間を作るようして、ストレス発散をするといいでしょう。